勤務時間帯でルート配送求人を選んでみる

ルート配送求人を探す前に、自分が何を仕事に求めるのか考える

これから転職を考えている人の中には、ルート配送のドライバーを希望しているケースもあるはずです。ただし一口にルート配送といっても、会社の業種や規模あるいはエリアや距離といった要因だけで、仕事の内容や雰囲気もガラリと異なります。したがって、ルート配送のドライバー求人を探す際には、まず自分が何を基準にしてその仕事を選ぶのか、あらかじめよく考えておくことが大切です。例えば、できるだけ多く稼ぎたいのであれば、大型車や長距離さらに深夜時間帯といったルート配送の求人を選べば、収入アップにつなげることも可能です。あるいは少しでも早く仕事に慣れたい人の場合、前職と同じ業種のルート配送のドライバーになることで、比較的スムーズに新しい仕事へ移行できるかもしれません。いずれにしてもルート配送のドライバーとして、自分が何を求めるのか、しっかり把握しておくことが前提となります。

勤務時間帯でルート配送を選ぶ際のポイント

ルート配送のドライバーになりたい人の中には、自分のニーズに合った勤務時間帯で働きたい場合もあることでしょう。先述したように、ルート配送には多種多様な仕事の内容や条件があるため、勤務時間帯も様々なケースがあります。例えば自販機を巡回営業する飲料ルート配送のケースでは、朝の7時には仕事が始まり、1日で30台ほどの自販機を巡回営業した後、18時には終業になります。あるいはコンビニ店舗を巡回するルート配送では、夜の21時にトラックへの積み込みを始め、深夜に10店舗以上を巡回して納品し、早朝の6時ごろに終業になるケースもあります。このようにルート配送の勤務時間帯には、業種や扱う荷物さらに会社のノルマ等によって、様々なケースが見られます。勤務時間帯でルート配送の仕事を選ぶのであれば、単に時間帯だけを見るのではなく、業種や運搬する荷物あるいはノルマの有無などについても、よく見極めることがポイントになります。